スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by あこ
 
[スポンサー広告
首は白いがハートは熱い宇宙人
じーころじーころじーころ

ぷるるる ぷるるる

「あ。DOGLIKEさん?
 ここだけの話なんですけどねぇ。ひとつ丸刈りにしてもらいたいんですよ。
 ああそうです。角刈りです。1mmの。
 できますか?あーそうですか。じゃあトリミングの予約お願いしますよ。
 え?犬種?
 犬種って言うかねぇ。ここだけの話、堀江のれんみのですよ。」



「ああ。なーんだ!れんみのか!」



「あーん!大声を出さない!シークレットですから。
 じゃ28日よろしくね。ちん」





久しぶりにえびすも交え、一家総出で行ってまいりましたDOGLIKE。


「じゃあ今日はどんな感じにしますか?」


「えーと。とにかく全身1mmに刈っちゃって下さい。
尻尾は強そうなライオンっぽくね。
れんなんかはドーベルマンのように精悍になりますから
心配はご無用です。
みのなんかはどう頑張ってもどうにもなりませんからどうでも結構です。」



「え?本当に全身1mmにするんですか?
 ものすごく肌っぽくなりますよ?」



「そうなのよ!みのなんか銀髪になっちゃうし
 頭のところだけカツラ乗せたみたいで笑えますよ。
 れんなんかパンチョって呼ばれてましたし。」



「だから2mmくらいがいいと思うんですけど・・・
 それでグラデーションで頭との境目をぼかしていくようにして。」



2mmだと笑われない?ぼかしたら顔ぼやけない?」


「いやそれはわからないですけど・・・」


「うん。じゃあお任せします。」


「まず2mmで刈ってみて、見てもらいますね。
 それで長いようなら1mmに刈りなおします。
 背中の毛を残して模様入れられますけどどうします?」



「え?模様?模様だってよえびす。どうする?」


「みーちゃんに天使の羽根を」


「こー言ってますけど、どうせ悪魔の羽根って言われちゃうんで
 なんか簡単に出来るやつでいいです。」



「じゃあハートでいい?」


「ハートねぇ。れんはもちろんいいですけど、みのは・・・
 うん。でも面倒なのでハートでいいです。」



「みのちゃんはお誕生日なので、アロマバスがサービスになりますけど」


「え?なに?」


「あれ?みのちゃん、今日お誕生日ですよね?」


「あ。ああそうそう。そうよそうよそうですよ。
 やだなー。覚えてましたよ。少しくらい。」



「どうします?毛が短くなるからあまり匂いつかないけど」


みのはいいです。やりません。面倒かけちゃいけないしねぇ」


「え?やらない?いいんですか?そうですか・・・」


「あ。そうそう。先週ここで肛門腺絞ってもらいましたから
 おそらくそっち方面でお世話かけることは皆無だと思いますのでよろしく。」



「そう言いながら溜まってるのがれんくんなんだけどねぇ。
 ではお預かりします。」



( ̄□ ̄;)!!ここの人達、揃いも揃って事情通。


そんなわけで綿密で愛情こもった打ち合わせを済ませ
トリミングルームに消えたれんとみの。
れんなんかはどうせ最初からお姉さんのほうしか見てなかったので
あたしの方を振り返ることもなくあっさりとした感じで。

ああ。えびすと2人だけで食事かぁ。気が思い。間が持たない。
と思ったその時


「とりあえず2mmにしてみましたので見てください」


トリミングルームに行くと、ところどころ2mmに刈られたうんこ色の犬。


「あ。これでいいです。2mmでも銀色ですなぁ」


その時、シャンプーを終えたらしい1匹の犬が。
もじゃもじゃでやせ細りとても不憫な様相の子。


「あの子ワイヤーさんかねぇ。」


とえびすとしゃべってたら


「あれ、れんくんですよ」


あーそうだよね。そうでしょうよ。素敵だって思ったもん。
ではれんとみのをよろしくお願いします。


食事も終わり、れんみのもいないとなると間が持たない。
えびすは古本屋で立ち読みしてくるというので
店長を相手に1人で待つことに。

20070730173027.jpg
店長:半蔵ちゃん(ボストンテリア・♀)

そこへいつもは出て来ない副店長まで相手をしに来てくれた。

20070730173112.jpg
副店長:㎡<へーべい>ちゃん(フレンチブルドッグ・♀)

それだけならいいが、三十路シスターズまでやってきた。
それとなく三十路シスターズの呼び名について怒ってないか尋ねると

「半蔵ママは喜んでたよ。三十路じゃないのに三十路って書かれたって。」

あ。そうなの?三十路じゃないの?
でもそれは内緒よね。OKOK。誰にも言いません。


「ところでさ、丸刈りにしたられんみのをしばらく誰にも会わせないって本当?」


え?なんでそんなこと知ってんの?本当だけどさ。


「今日の朝、でかちゅあだっくす見てから来たんだもーん」


ああそうですか。そりゃどうもすみません。
そしてここで満を持して三十路シスターズの登場。


「そう言えばこの前バニラくんのママが
 れんはまあまあいい感じになるけど、みのが刈るとものすごくひどい。
 見てられない。地球の生物とは思えないって言ってたけど本当にそうなのぉ?」



そうですよ。もうすぐ実物が見られますよ。
そりゃもう目を疑いますから。
と、そこへ黒いほうが戻ってきた。
トリマーさんの表情は複雑だ。


「あのぉ・・・れんくんの背中にハートを残したんですが
 どうにもこうにも毛がいろんな方向いてるしくるんくるんで・・・」



まるでもじゃもじゃのカツラを背中に乗せた感じ。
ハート型になってるところがよりいっそう悲しい感じ。


「あ。れんはいいです。これじゃいい笑いものになっちゃうんで
 せっかくやってもらって悪いんですけど全部刈っちゃってください。」



「そうですよねぇ!わかりました!刈っちゃいます!」


トリマーさん生き返った。満面の笑みで戻っていく。
れんに舐められながら。


そしてせっかくのハートも刈られ、ようやく戻ってきました。
20070730173420.jpg
ヒョウ柄が顔にうまくマッチできなかった刈りたてれんさん


うひょー!れんさん超かわええーーー!!!
刈るとなぜか若返るれんさん。
パピーっぽくなって帰って参りました!中年だけど。

20070730173558.jpg
トリマーさんのお墨つきを頂きスムースに生まれ変わったれんさん

と、れんさん戻ってくるなり三十路シスターズの元へとぼとぼ出向き
ぴたっと座りこむ。

「れん!どうしたの!珍しいじゃん!あたしのところにくるなんて!!」

「いや。実はさ、昨晩徹夜でコンコンと言い聞かせたわけよ。
 三十路の良さつうかさ。世の中のうまい渡り方なんかをね。
 れんはほらバカじゃないから、早速三十路を見つけて実践開始ってとこだよ。」


とそこへ茶色帰還。


ぶっ。


「みのちゃんは直毛なのでうまくハートができましたよ。」


うん。ハートはかわいいね。でもねぇ・・・


「あっはははは!!!噂ほどひどくないじゃーん!!」

誉められた。

「なんだかわからないけど人に会っても大丈夫だと思うよ!!」

太鼓判押された。


しかも茶色ったら、首にキティちゃん柄の巻いてる。
れんに強そうなヒョウ柄、みのにかわいいキティちゃん。
ここのトリマーさんの願望だろうか。

ぜひキティちゃんを巻いたみのを載せたいところだが
巻いてるのは首だ。銀色に光る首もとだ。
あたしにそんな勇気はない。
みのちゃんにお伺いをたてたところ「首を写さないなら」との
条件つきで写真を撮らせてもらいました。

20070730173911.jpg
正面はいたって普通(?)なのでしてやったり顔のみのちゃん


誕生日だということで、三十路シスターズの好意により
ケーキに誕生日プレートをつけてもらったみのちゃん。

20070730174130.jpg


みんなにお祝いしてもらってうれしいんだろうが首は白い。
せっかく涼しい感じ刈ったのに、なぜか服を着せられ
抱きかかえられるように帰って行ったみのちゃん。
普通の女の子に戻るまで引きこもるそうです。


でもさー。
せっかくハート型にしてもらったんだから
それだけでもみんなに見てもらいましょうよ。

20070730173920.jpg
今はおっぱい見られるより首見られるほうが嫌と言い張るみのちゃん

そう。かわいいのになぁ。ハートは。
20070730173941.jpg




スポンサーサイト
Posted by あこ
comment:24   trackback:0
[れん
いまのあたしが幸せなのは
2003年7月27日。

生後2ヶ月に満たない、コロコロに太った犬が
我が家にやってきた。
すぐに来る前から決めてた名前を呼んでみる。

「れん」

と、ここまではえびすの思い出話。


わりと知られてることだが実はあたし動物が大の苦手。
犬なんて触ったことも近寄ったこともない。
それを知っていてなぜうちに犬がやってきたのか。
ネコ大好きネコマニアのえびすがなぜ犬なのか。
なにもわからないまま「れん」はやってきた。

あたしもこの家にいる限り、世話をしなくてはならない。
でも「れん」が怖くて怖くてどうしても近寄れない。
「れん」がいる部屋ではイスの上に立ってるしかない。
座ってると足、噛まれる。そう思ってた。

ご飯をあげるのも、トイレの世話も極力
マジックハンドに頼った。
「れん」が来てから1週間たってもまだ触れない。

そんなあたしなのに「れん」はあたしを見ると
尻尾を振る。楽しそうに転げるように走りまわる。
そんな「れん」が怖いあたしは逃げ回る。
本気で泣いて逃げてた。

犬に関して全く知識のないあたし。
尻尾を振るのはうれしいから
あたしを見てうれしそうなのはご飯をくれる人だから
単純にそう思ってた。

当時仕事が忙しく、2人揃って帰宅が夜中になる日が多かった。
最初の内は「れん」が怖いから帰るのが嫌だった。
そんな思いは日に日に、少しづつ変わり
仕事をしてても家で留守番してる小さな「れん」が気になるようになった。

家に帰るとまずれんのところに行くようになった。
暗い部屋で一人ぼっちで待ってた「れん」に声をかけてみた。
「ただいま」
ぐちゃぐちゃのサークルの中で「れん」は尻尾をぶんぶん振った。

おそるおそる「れん」に触ってみた。
小さい赤ちゃんの「れん」はあたしの手を噛んだ。
やっぱり怖かった。
でも「れん」はとてもうれしそう。
「れん」の目を見つめたら、じっと見つめ返された。
「れん」のまあるい目の中にあたしが映ってた。
「れん」はあたししか見ていない。
「れん」をいとおしく思った。

「れん」れんになった。
もう秋になっていた。
短かったはずの鼻がすこしだけ長くなっていた。



タイムマシンがあったら、いつの時代に戻りたいか。
ありえないのに、誰でも一度は考えたことのある話。
いつに戻りたいか。そして何をやり直したいか。
何度も考え迷ったことがある。

今のあたしは迷うことがない。
2004年7月27日に戻って、そこにいるあたしに言ってやる。

「れんを抱っこしないと後悔するよ」

今現在のあたしも小さなれんを抱っこしてみたい。
でも4年前のあたしに譲る。
4年前のあたしに抱っこされたれんがどれだけ喜ぶか。

そしてあたしとえびすに言ってやる。


「軽い気持ちで命を預かっちゃダメだ。」


その気持ちを忘れないように、毎年特別な気持ちで
7月27日を過ごす。
初めての7月27日にサイトを始めた。
2回目の7月27日の翌日、みのは生まれた。
1日ずれてるあたりが気に入った。
今日は3回目の7月27日。
特別なことは何もない。
れんとみのが床で寝てて、あたしはそれを見てるだけ。
寝てるれんをわざわざ起こして抱っこする。
みのが抱っこをせがみに来る。


それだけのことが幸せでたまらない。













Posted by あこ
comment:35   trackback:0
[れん
パーティに薄黄色の彩を添えたさすがの演出
「もうすぐさくらの誕生日だから今年もケーキを頼むんだけど・・・」

はいはいはーい。今年も便乗させていただきます。
みのの名前なんて入れてくれなくて結構ですから
れんみのにケーキをおすそ分けしてください。
そうだそうだ!7月生まれの子も誘ってみんなで食べよう!
と、人んちの子の誕生日会を勝手にプロデュース(口出しだけ)。
いやぁ楽しみだねぇ。人んちの子の誕生日。


は。やばい。
お呼ばれだって言うのに、れんみのの着てく服がナッシング。
買う金はもちろんナッシング。
30才過ぎて素っ裸でパーティに行ったら絶対捕まっちゃう(あたしが)。
あ。そういえばこの前さくらママに生地を恵んでもらったわ。
さくらのパーティなら頂いた生地で作った服を着てくのが礼儀ってもん。
しかも頂いた生地はれんの誕生日の時にminさんから頂いた
手作りのカラー&リードに色合いバッチリ。
決めた。間に合うかわかんないけど縫おう。

ダガダガダガダガ
070725_1803~0001.jpg


びみょーー。
良かれと思ってつけたあたしの古Tシャツのフード裏地がびみょーー。
かわいいと思ったポケットが白く浮いててびみょーー。
よし。ポケットになんか刺繍しよう。
ってバカ。刺繍なんか無理だ。道具もないし。
えーい。ペタ。

20070727145235.jpg


パソコンで打ちだして無理やり作った変なアイロンプリント。
いやぁ。ますますひどくなっちゃったYo!
どうよ。ちょっと着てみてよ。サイズだけは文句無しにバッチリのはずだから。

20070727145323.jpg
これ以上不愉快なことなんてこの先ないだろうと思うみのちゃん

20070727145330.jpg
別にどーだっていいれんさん

よし。そうだ。どうでもいいよね。れんってえらい。




というわけでみのの意見は聞こえないフリをして向かったのは
FUUNY FACE多摩境店。
集まりましたは定番のメンバー。
本日の主役、7月30日で4才になるさくらちゃんとさくらママ。
同じく7月30日で4才になるもなみちゃんとmimiさん。
お祝いに参加してくれた、どん&まつとminさん
ナッツとナッツパパ、パフェとちわぴょん
そして7月28日に2才になると言い張るが熟女っぽいみの。おまけにれん
6人8匹でレッツパーティング。

とは言ったって何をするわけじゃない。
人間達は自分らのランチに何を食べるかが最大の目的だし
犬だって挨拶済ませりゃ特にすることもない。
おのおの相変わらず性格丸出しの様子を見せる。

20070727145732.jpg
どんちゃんはおやつの時以外はやっぱりぼんやり

20070727145832.jpg
まつはやっぱりみのだかなんだかわからない。
カラーもお揃いなので手におえない

20070727150032.jpg
れんはぼやけてるし

20070727150546.jpg
もなみちゃんはれんに似てるしくるんくるんだし

20070727150105.jpg
ナッツは何も考えてないのに小難しい顔してるし

20070727150139.jpg
さくらはおやつをくれそうな人をガン見
くれないとさらにガン見

20070727150218.jpg
みのは早々に寝た

パフェにいたっては気配さえ見せない。どこにいるかも不明。


今日はれんの親戚、もなみちゃんが来てるのでうれしくて
しきりに「やっぱりれんに似てるからかわいいなぁ」
とヒイキ発言を連呼してたら

「ねえ。れんの親戚って言うたびにもなみちゃんすごくうなだれるよ」

まずいことに気づいてしまったさくらママ
気持ちはわかるよ。
でも、もなみちゃんのその天パ。特に尻周辺の天パ。
血の濃さを感じずにいられないんだよねぇ。

20070727150615.jpg
このぼやけた人と親戚という事実に目を潤ませるもなみちゃん


ここのカフェは放し飼いに出来ないので
いつもは床に置きっぱなしのれんをソファーに乗せてみたら
親戚筋を拒否されてるとも露知らず、わりとおとなしい感じで寝そべった。
みんなが「れんみのかわいいー」と言うがあたしの横なので顔は見えない。
「まあそうでしょうね」と答えるしかない。
ナッツパパが写真を撮ってくれましたが

IMG_1025.jpg
かわいいというよりあきらかに何かに怯えるれんさん

あまりにおとなしくしてるので、いい気になってソファーに乗せといたら
れんがすっくと立ち上がった。
精密飼い主サーチによるとどうやらおしっこらしい。

 「あられんくん。おしっこ?マナーバンドしてるけど
  ちゃんとトイレに行くなんて偉いじゃなーい。
  だいたいね、あたしは前から思ってたのよ。
  れんくんはドーベルマンっぽいし、賢いから
  行く行くは警察犬なんじゃないk・・・」



じゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ソファー オン ザ タレ流し。


「おしっこと気づいたのに降ろしてあげなかったあこちゃんが悪い」

「れんはどん臭くて1人じゃ降りれないのに降ろさないあこちゃんが悪い」

と非難GOGO。

だってマナーバンドしてたのにと言い訳を繰り返すが
マナーバンドはずれにずれ生々しいほどのモロ出し。


「マナーバンドすらずれてたんならいよいよあこちゃんが悪い」


はいはい。そうですよ。あたしのせいですよ。
れんくんごめんね。今拭いてあげるから待っててねぇ。

ぎゃーーーーーーーーーーーーーー

スッキリしたれんが動いたとたん、ソファーのクッション性をフルに活用し
おしっこがあたしの元へ流れ込む。
座ってたあたしの尻でおしっこをすべてせき止めズボンがそれを吸い込む。
いいソファーならではの素晴らしいクッション性が今ここで裏目に。
みの!みのーー!!どこ行った?
あんたちょっと手伝いなさいよーーー!!!

IMG_1099.jpg
目の前の席にいるまつちゃんをガン見中で手が離せないみのちゃん

そういう理由なら仕方ない。
1人で処理しよう。

もちろんあたしのズボンはびしょ濡れだ。
こんな状況に「肛門腺をつけられた時とどっちが悲惨?」と質問を投げられるが
あたしにそれを答える余裕はない。
まるであたしがもらしたようなびしょびしょの尻をみんなに向け
必死でソファーを消毒する。
「ズボンもどうにかしないと」と皆はいうが
アイドルとしてここで脱ぐわけにいかない。
れんのならあるが、あたしの替えパンツは持ち合わせていない。
あれほど「肛門腺をつけられた飼い主さんのために
ドッグカフェにはコインランドリー完備」
と言ったのに、やはり完備していない。
仕方なく先ほどまで口をぬぐってたかわいいダックス柄タオルで尻を拭く。
あとでナッツパパが食べこぼしでもした際
さりげなくこのタオルで口元を拭いてやりでもしなきゃ
怒りの持って行き場がない。

「ああ。ありゃシミ残るねぇ。匂いも取れないねぇ。」

はいはい。そうですよ。
あたしとカフェに来るといつも異臭を巻き散らしてすみませんですよー。

ようやくソファーもきれいになり、尻の冷たさと匂いはなかったことに。
さあ!気を取り直して楽しくやりましょうよ!

「あこちゃん。トイレシート敷いて座ったほうがいいよ」

ごもっとも。そうよね。ソファーがまた汚れちゃうもんね。
だけどさ、なんで人間のあたしがトイレシートのお世話に。
そもそもあたしの尻が濡れたのだってね
となりに座るさくらママまで被害に合わないようにとの
体を張った計算尽くされた行動だったのよ?
なのになによ。この仕打ち。
誰よ!ソファーでしっこなんかしちゃったのは!

IMG_1176.jpg
それはオレ!とすっきりした顔のれんさん

ん。かわいいね。まあいいよ。許すけどね。
幸い今日はジーンズじゃなく、薄茶色の長ズボンだから
シミも目立たないよ。
洗わないで明日も履けるから気にしないでね。



派手なセレモニーも終了しましたので、気まずい空気を一掃するためにも
いよいよケーキを持ってきていただきましょう。
20070727151941.jpg

バーン
さくらママが好意で4匹分の名前を頼んでくれたかぼちゃケーキ。
今日は馬小屋当番で来られなかった7月14日生まれのここもちゃんの名前も
ちゃーんと入ってます。

「ほらみーちゃん。のみってお名前入ってるよ~」

親しげにみのに話しかけるあたし。
得意のアメリカンジョークも冴えに冴えた。
が、その時聞こえてきたさくらママの悲鳴。


「ええええええええええ!!!名前間違ってる???????」


いや間違えてないよ。どうしたの?

「電話でさ名前の説明してた時
 さくら、もなみ、ここも、みのって言ったら
 え?みの?みの???みの???
 みの
でいいんですか?
 ってみのだけ何度も聞き返されてあたしもわからなくなっちゃんたのよ~」


そりゃさくらママ悪くないよ。みのが悪いよ。
あと高度過ぎるアメリカンジョークを繰り出したあたしもちょっと悪いよ。ごめんなさい。

せっかくだから7月生まれの子とケーキを一緒に写真をと言ってくれて
さくらもなみとついでにみのも入れてもらい記念写真。
もちろんあたしはみのを抱く係なので写真撮れず。
またまたナッツパパに撮ってもらいました。

IMG_1060.jpg
4才ゴールド、4才ブラタン、38才うんこ色

色や血やいろんなところが濃い2匹のせいで
色白さくらの色がとんじゃった。
みののイジワルさとでかさが目立っちゃった。


でっかいケーキを12等分に切り分け、お留守番してる子の分は包んでもらい
1匹分の割り当てはこの大きさ。
20070727152508.jpg
2匹で食べても充分そうなのにうちにはこれが2つ。


どこの子ももちろん秒速で食べ終え、大満足。
そして待ちきれなくなったさくらママ
「ではそろそろ人間もデザートを」と言い出したが
ここのランチはボリュームがある上にデザートもついてるので
誰もが「まだいいや」と言う。さくらママしょんぼり。

また1時間が経ちまた「デザートを」と言いだし
とうとうデザート注文に成功したさくらママ。
さくらの誕生日がうれしいのか、デザートがうれしいのか不明。


れんの誕生日の時、みのの分もお揃いでたくさんのプレゼントを
頂いたっていうのに、また今日も頂いてしまいました。
mimiさんからみの入り素敵写真たて
さくらもお揃いで頂いてましたが、ダックス界一の美女と言われる
さくらとの写真と並べられるとどうにもこうにも涙が止まりません。
20070727152927.jpg


左下にはHappyBirthdayの文字、右上にはさくらみのの名前入り。
以前「得意のスーパージャンプを見事に決め優勝間違いなしで笑顔のはずが
なぜかヤクザが追ってきてわけもわからずもう逃げるしかないれんさん」

シルエット入りの鏡を頂いたのですが
今回もmimiさんの旦那さん、TURBOが直々に彫ってくれたそうなのです。

「写真は入れ替えられるからね!」

いやいや。巨匠mimiさんよりいい写真なんかありませんから。

「右側はすりガラスになってるからね!」

おお!それは親切設計!
もしれんの写真を入れたくなってもちゃんと顔がぼんやりして見えるわけですね。
すりガラスのお世話にならなくてもちゃんとぼんやりして見せますけど。

minさんから頂いたカラー&リード
れんはバツグンに似合ってるけどみのにもとってもよく似合ってるでしょ?
みのはこんな洋服嫌だってダダこねたけど、カラーにぴったりだよねぇ?

IMG_1178.jpg
顔が強烈過ぎてせっかくのカラーが台無しの落武者みのちゃん


みんなに祝ってもらい、素敵なプレゼントまでもらい
「いひひ。これで今年もみのの誕生日はやらなくていいや」
感動に浸りながら、気がついたらもう7時前。
7時間にも渡ったパーティもお開きということで
最後にあたくしから重大&爆弾発言

「みなさま。梅雨もいよいよ明けそうですし暑くなってまいります。
 とうとう、えびすより丸刈り宣言が発令されました。
 とにかくみのをいち早く刈って来いとのお達しです。
 そんなわけでれんとみの角刈りにいたしますので
 しばらくみなさんとお会いすることが出来ません。
 また伸びた頃、遊んでやってくださいね。」



「えええ!!!!!!!なんで?見たいよ、みのちゃんの銀髪!(爆笑)
 刈りたてが見たいのにー!(れんのは見飽きたけど)



みなさん、暖かいお言葉ありがとうございます。
ですがれんみのを心より愛するものとして
刈りたてを人前にさらすわけにはいきません。
なにしろ飼い主でさえ、ビリー先生に鍛えられた腹筋がゆるむほどの
大爆笑ですから。


このblogもしばらく古い写真使ったネタ
もしくは更新ストップの予感大。


Posted by あこ
comment:2   trackback:0
[れん
カメラ撮りだす暇もなかった2時間
まりんさんがわざわざ横浜からトリミングしにDOGLIKEに来るってんで
ちょこっと顔出しに行ってまいりました。
たまには休日のセレブな昼下がりもいいわねなんて。


店に入ったとたん、三十路の店員さんをスルーしてしまったれん。
社交辞令の大切さをあれだけ教え込んだのに。
もちろん店員さんは怒る。


「れん!!Blog見たよ~!!三十路って書いたねぇ!!!」


ひぃ。怒られてるのれんじゃなくて多分あたし。

その後、店長さんもあっさりスルーし
大好きな女ムツゴロウことむっちゃんのもとへ走るれん。
店長と店員の三十路シスターズをこれ以上敵に回したら来づらくなる。
飼い主より、れんの性癖についてくわしく説明。


「あのね。れんは20代の若い子が好きなの。それはしょうがないの。
 30代40代はシビアに見分けちゃうの。それも仕方ないの。
 でもね。50代半ばもストライクゾーンだから
 まだ望みはあると思うよ。」




火に油を注いだ。



れーーーん!なんだってぇ!
 あたしが50半ばであんたのストライクゾーンど真ん中になったら
 あんた生きてないわよーだ。へへーん。」


ごもっとも。
ごもっともですが、なにもそこまで子供っぽく熱くならなくても。



むっちゃん!
 あんただってもうすぐれんのストライクゾーンからはずれんのよ!
 そしたらしばらくは見向きもされないんだからねーだ!」



れんの性癖がそこまで精密かどうか知らないけど。



そうこうするうちお約束のあの香り。
れん周辺から漂う酸っぱい香り。肛門腺だ。


「なんかまたれんが臭いんだけど・・・」


つぶやいたあたしの一言を三十路シスターズは聞き逃さなかった。



「なに?れんが臭い!
 よし。スプレーしよう!れんのママ、何の匂いがいい?」




あたしの前に並べられた謎のスプレー3本。
どんな香りか読んで見たところ「ラッキーの香り」だの「ハッピーの香り」だのと
まったくもって抽象的。
我が家のれんにはラッキーやハッピーと言った前向きな感じは似合わないのでと
お断りを入れかけたあたしの目に飛び込んできたのは
「ラッキーの香り」の成分表に刻まれたあの文字。



   ムスク




「ラッキーの香りでお願いします。
 なんと言っても男はムスクですから。」



以前も三十路シスターズにとっつかまり
ババスプレーを肛門近辺に噴射された経歴を持つれん。
もちろん逃げる。
が、三十路シスターズから逃げ切れるはずもなく御用。

  

しゅーーーーーーーーーーーーーーーー



「あははは!!こういうことするから三十路は嫌だって言われちゃうんだよねぇ」



わかってるならやらなきゃいいのに。
まあたしも三十路ですから、気持ちはわからなくもないですけど。


「ちょっと!れんの肛門嗅いでみなよ!
 きっといい匂いになったよ!



きっと?きっとってことはまだ嗅いでないの?
なんであたしだけ嗅がされるの?罰ゲーム?


くんくんくん


ツーン


「やっぱりダメみたい。絞ってください。ついでにみのも。」



絞ってもらってスッキリ顔でトリミングルームから戻ったれん。
どうやらターゲットが変わったらしい。
ずーっと大好きだったむっちゃんを見限り
もっと若いみおりちゃんに乗り換えた。
もう離れない。なんと言っても離れない。
着替えは持ってきてないが今日は泊まって行くと言いだした。

思ったより精密だったれんの感性。
よりいっそう、カフェに出入りしづらくなりました。

そうそう。そういえば店員さんから

「れんとみののblog見て、ここに来ましたって方が来てねぇ
 マイクロバブルバス入ってったんだよ!
 知ってる?」



って言われたのですがあたくし存じない。
モモちゃんとアンズちゃんとクラノスケくんのダックス3匹さんらしいのですが。



「この子達、もう2回もマイクロバブルバス入ったよ!」


( ̄□ ̄;)!!なんてセレブなワンコさん!
れんとみの。
まだ一度も入ったことないんですけど。
れんはあーだし、うちは貧乏だし
まったく休日のセレブな昼下がりじゃありゃしない。


「みのの誕生日が近いので多分近いうちにまた来ます」


と逃げるように帰ろうとしたあたしに三十路シスターズの一言。



「え?みのってまだ1才?」



飼い主も信じてませんけどね。38才っぽい顔してますけどね。
みのちゃんまだ1才なのよね。


あ。そうそうもうひとつ。
れんが御用聞きのバイトの時に常に巻いてる
あのサブちゃんエプロン。
よく「これいいねぇ」って言われるんですけどね。

20070724115207.jpg
素敵カフェエプロンのつもりで買ったんですけど

あれ、このblogのTop画像でれんとみのが着てる和柄の服と一緒に
だいぶ前にここのカフェの500円均一で買ったんですけど。
IMG_3352[1].jpg
500円で買ったら目つきの悪さがもれなくついてきました

また売ってました。やっぱり500円。
違う色もありました。
愛犬に御用聞きのバイトさせたいなぁとお考えのあなた。ぜひ。
れんほど御用聞きっぽくならなくても文句言わないでね。
それって幸せなことだから。

このカフェに買いに行って「あ!三十路シスターズ!」って
指差さないで下さいね。これ、内緒だから。
そんなことしたら、あなたの愛犬。
れんと同じ目にあいますよ。



Posted by あこ
comment:10   trackback:0
[れん
顔や目つきの悪さだけで悪い子と決め付けないで下さい
昨日、えびすのボーナス支給日でしたので
朝一番で銀行へ駆け込み、前からずっと欲しかった
マグネットシートを入手。ダイソーで。

20070721132805.jpg

台所が華やかになりやる気がわいてきました。




先日、書き溜めた駄作を羅列致しましたが予想通り反響薄。
指名の多かったものだけでも、アップしてみようかと
恥も外聞も捨て去る決意をいたしましたが
犬ブログだっていうのに「あこ入隊の様子~動画編~」がまさかの一番人気。
そんなもんが見たいのなら、犬ブログなんかのぞいてないで
アイドルブログをのぞけばいいじゃない。

他のにつきましては「みのってなんて子なの?」に興味を示した方2名。
「川柳」に2名。
そんなわけでこの2点について検証を行い、あとは満場一致でお蔵入り。
それでは、読めば読むほど「みのが悪く言われる筋合いはない」
と、怒りがこみ上げるこの記事をどうぞ。





どうしても犬を連れて行けない場所へ遠出することになり
れんみのをどうするか、散々悩んだわけです。
以前、一度だけやんごとなき理由によりれんをかかりつけの動物病院に預けたら
たった1晩でハゲをこしらえて帰って来た過去により
悩みに悩んだ挙げ句、最も避けたかった預け先
あこの実家にれんとみのを預けることになりました。

なにしろここには、人間の食事をじゃんじゃか与えてしまう困ったあこのパパ
みのを犬のぬいぐるみと勘違いしてる甥っ子
そして、犬が大嫌いなあこの妹という最悪ラインナップ。
頼れるのはれんとみのを「わんころ」と呼ぶあのダしママだけ。

しかし、家の目の前が県道なのに「お外で遊んでおいでぇ」
戸を開け放すえびすの実家よりまだマシだろうと判断。
絶対家から出すな。人間の食べ物は与えるなときつく注意し
おやつとおもちゃと共にれんみのを託す。

20070721132743.jpg
れんのタマゴちゃんとみののタマゴちゃん

右手右足がないのがれんのおもちゃ
 左手左足がないのがみののおもちゃだから
 くれぐれも間違えないようにね。」



「なんでれんのは右がなくて、みのは左がないの?」


「だって、れんは右利きみのは左利きだもん。
 おもちゃ渡すと必ずこうしちゃうんだもん
 間違えて渡すと、れんがみののタマゴの右側取っちゃうし
 みのはれんのタマゴの左側取っちゃうから気をつけてよ」



「泣いてるじゃん。タマゴ。」


「あ、あとおやつね。特にあげなくてもいいけどあげるなら
 みのはれんの半分の量でいいから。」



「なんでよ。たいして大きさ変わらないのにかわいそうじゃない。」


「いいからあたしの言う通りしなさいよ。よろしくメカドック。」



預けて10分後。
どうしてもれんみのが心配で「れんとみのは元気にしてる?」とママにメール

20070721132751.jpg


れんくん天才だから・・・
あこからのメールだって気づいたんだ。きっと寂しいんだ。かわいそう。

心配だ。とにかく心配だ。
特にみのは預けられたことないから心配だ。
くれぐれもよろしく頼むと再三メールを送りつける。
するとなぜか犬嫌いの妹からメールが来た。

20070721132759.jpg


なんだかんだ言ってもみーちゃんはまだ1才。心細いんだろうねぇ。
お?写真がついてる。みーちゃん泣いてたらどうしよう。

070708_095533_M.jpg

( ̄□ ̄;)!!みーちゃん・・・。つうかれんは?

「そうだよ。みのは緊張してるんだよ。犬は緊張するとそうやって寝るよ。
 だから良くしてやってよ。」


妹を騙す作戦決行。
犬嫌いで犬のことなんかわからないんだから楽勝だ。

IMG_1266.jpg


ホントだよバカ。ムツゴロウさんに聞いてみろ。
犬のことなんかちっともわかってないくせに、人を疑うことしかしないんだから。


これ以上れんみのに触れると、墓穴を掘りそうなのでもうメールは止めにして
急いで用事を済ませ、夕方れんみのを引き取りに実家へ。
すると開口一番

「ちょっとあこちゃん!!!
  みのってなんて子なのよぉぉぉぉ!!!!!」


ママご立腹。
なによ。何があったの?
みのが勝手にママの貯金でも使い込んじゃった?

「あたしはさ、れんとみのにちゃんと平等に2個づつ
 おやつをお皿に入れてあげたのよ。」



あ?みのはれんの半分でいいって言ったじゃん。


「でさぁ、あこがいつもやってるようにマテ!って言ったの。したら待ったのよ。」


あ、そう。いい子じゃん。


「でね、ヨシ!って言ったのよ。」


うむ。セオリーだね。なんの問題もないじゃん。


「そしたらね!みのったらとんでもないのよ!!


なによ。早く言いなさいよ。


まずれんのお皿からひょいっと
 おやつを1個くわえて、自分のお皿に入れた
のよ。」



うん。


「で、自分が3個、れんが1個になったのを見て
 あたしを見てニヤっと笑って食べ始めたのよぉーーーー!!!
 一体なんて子なのぉーーーー!!!!!!!



普通じゃん。いつものみのじゃん。
で?れんは怒った?喧嘩になった?


「それがさぁ、れんったら自分のお皿をじっと眺めて
 文句も言わず
に1個を大事そうに食べてたよ」



普通じゃん。いつものれんじゃん。
どっちかっていうとみのよりれんの消極的な性格が心配だよ。


そこへ妹が登場。

「あこちゃんさぁ。みの困るんだけど。

なに?あんたもみのに文句?
なんかした?あんたのうんこでも食べた?

「みのもんたの話するたんびにさぁ、体動かさないで目だけ動かして
 ジロって睨むんだよ。
 あの子なんかみのさんに恨みでもあんの?
 あの子預かると、みのさんの話しづらいよ。」


そんなに困るほどみのもんたの話するあんたが悪いんじゃん。
どう考えてもみのは悪くないね。


容姿はアレですけどなかなか上手にお留守番もできますので
今度どなたか預かってください。




Posted by あこ
comment:18   trackback:0
[れん
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。